校庭に巨大な「奈良の大仏」が出現

  • 2020/6/24
  • 校庭に巨大な「奈良の大仏」が出現 はコメントを受け付けていません。

社会で奈良時代を学習した6年生は、みんなで協力して校庭に実物大の「奈良の大仏」を描きました。設計図をもとに、校庭に引かれた1メートル間隔のマス目の中に大仏の顔、手、体を白線で描いていきます。2時間の作業で大仏は見事に完成。大仏の肩に乗ってみんなで「バンザーイ!」

 

関連記事

コメントは利用できません。

小川小学校facebook

小川小学校の歴史

小川小学校空撮

ドローンを追いかける子供たち

空から見た校舎

ページ上部へ戻る