校長室より

6月4日(木)避難訓練講評
今日は、学年が一つずつ上がり、新しい教室になってから初めての避難訓練 を行いました。本来は皆さんの大切な命を守るためにも、4月にやるべき内容 ですが、臨時休業及び分散登校が続いていたので、今日の実施となりました。
どの学年も担任の先生の指示に従って、黙って慌てずに、とても上手に避難 することができました。
今日は火災・火事を想定した避難訓練でしたが、どこから火災が発生したか、 放送をしっかり聞けた人は手を挙げてください。(調理室)
命を守るには、「お・は・し・も」の合い言葉・約束が大切ですが、それ以上に大 切なことがあります。それはなんだかわかりますか。
それは『話をしっかりと聞く』ことです。先生の話は、目と耳と心で、しっかり聞く 習慣を身につけておかないと、いざという時に慌ててしまい、大切な話や指示 を聞きもらしてしまいます。「避難しなさい」という指示を「聞く」ことができない と、大切な命を落としてしまうこともあるのです。
小川小学校の今年度の重点目標の1つに「目を見て話を聞こう」があります。 「目を見て聞く」ということは、「自分の命を守る」ことにもつながるとても大切な ことなのですね。
また、小川小学校の約束事として、「緊急放送は立ち止まって、黙って最後ま で聞く」があります。今日は教室で座っている時に、緊急放送を聞きましたが、 廊下を歩いている時に緊急放送があったら、必ず立ち止まって、黙って最後ま で聞いてください。
実際に避難経路にそって「落ち着いて行動する・避難する」ということは、こうい う避難訓練の時だけしか訓練ができませんが、命を守るために「人の話を目を 見て聞く」ということは、毎日の授業中や休み時間にも、何度も繰り返し練習す ることができます。
火災は、いつ、どこで起こるか分かりません。また、最近は地震が頻繁に起き ています。地震が起きた時は、机の下に潜るなどの対応もしっかりと確認して おきましょう。
担任の先生がいなくても、自分の力で安全に避難して、『自分の命は自分でし っかりと守る』ことができる【本物の力】を身に付けることがとても大事なことで す。交通事故に遭わないように、飛び出さない。廊下で友だちとぶつからない ように、廊下は走らない。右側を歩く。
皆さんも知っていると思いますが、最近千曲市の2年生が千曲川で流されて亡 くなってしまったという悲しいニュースが伝わってきました。川には子どもだで はいかないようにしましょう。
これで、校長先生の話を終わります。

 

 

幸村校長先生からのミッション(5月)

先週、赤備えのかぶと姿の永井校長先生からミッションを受け取り、もらったときには「難しそう・・・」「できるかな・・・」とやや不安そうな様子も見られた子どもたち。しかし、そんな心配をよそに、早速週明けすぐに提出した子たちも数名見られました。Monthly Misson(月ごとの学習課題)にある、四つ葉のクローバーの押し花を自慢そうに見せてくれた子もいて、楽しんで取り組んでいる様子を感じました。漢字や計算の宿題にはない、主体的に取り組むよさをミッションに見い出しているのでしょう。また、Weekly Missson(週ごとの新聞学習)では、新聞記事を読んで、問いに答えていきます。昨年は新聞をじっくりと読むのがやや難しい様子の子どもたちでしたが、ノートを見ますと設問に答えていて、頑張って新聞に向き合おうとしている姿を感じました。本日、週末ということで、次のWeekly Missonを受け取っています。校長先生からの朱書きのメッセージを読み返して、また次の課題に挑戦してみてください。話は早いですが、校長先生から卒業証書をいただく子どもたちです。校長先生に早く顔と名前をを覚えてもらえるように、そしてMissonを通してよい交流となるといいと思います。(6学年通信より R2.5.22)

 

 

小川小学校はこんな学校

  1. 11月14日(火)に、4年生が薬師沢石張水路工へ社会見学に行きました。 …
  2. [caption id="attachment_166" align="alignnone" wid…

小川小学校の出来事ヒストリー

小川小学校facebook

小川小学校の歴史

小川小学校空撮

ドローンを追いかける子供たち

空から見た校舎

ページ上部へ戻る