特色ある教育プログラム

奄美大島との交流

img_homestay01毎年7月には、6年生全員が3泊4日で奄美大島市との交流を行っています。
各家庭へのホームステイなども行い、人的交流を行っています。
交流している小学校は、鹿児島県奄美市住用町にある3学校です。
主な活動は、地元小学校との交流会、マングローブ見学、シーカヤック体験、海水浴、グラスボート乗船、ハブセンター、博物館の見学などです。小川村に住む子ども達にとってはすばらしい体験となっています。
村からの補助(2008年度実績7万円)もあり家庭の負荷を軽減しています。

img_homestay02毎年12月には、鹿児島県奄美市住用町の3小学校6年生が小川村を訪れています。
小川小学校の6年生は、住用町児童と一緒に長野市のエムウェーブでスケートを楽しんだり、スキーに行って交流します。


農業体験授業

田植え

田植え

小川小学校では、地元の農家のご協力を受け、なまざまな農業体験を行っています。
特に5年生は、イネの種まき、田んぼの代かき(しろかき)、田植え、稲穂が実り始めるころには、学校でつくった「かかし」立て、そして9月には稲刈り、脱穀(だっこく)を行います。
田植えは全校生徒が参加し、どろんこになりながら農業体験しています。
お米をつくる苦労を味わうための授業として行っています。

小川小学校はこんな学校

  1. 11月14日(火)に、4年生が薬師沢石張水路工へ社会見学に行きました。 …
  2. [caption id="attachment_166" align="alignnone" wid…

小川小学校の出来事ヒストリー

小川小学校facebook

小川村ソング

小川小学校の歴史

ページ上部へ戻る