トップページ  >  小川小学校紹介  >  小川小学校の特色ある教育プログラム

小川小学校の特色ある教育プログラム

奄美大島との交流

奄美大島

毎年7月には、6年生全員が3泊4日で奄美大島市との交流を行っています。
各家庭へのホームステイなども行い、人的交流を行っています。
交流している小学校は、鹿児島県奄美市住用町にある3学校です。
主な活動は、地元小学校との交流会、マングローブ見学、シーカヤック体験、海水浴、グラスボート乗船、ハブセンター、博物館の見学などです。小川村に住む子ども達にとってはすばらしい体験となっています。
村からの補助(2008年度実績7万円)もあり家庭の負荷を軽減しています。


小川村

毎年12月には、鹿児島県奄美市住用町の3小学校6年生が小川村を訪れています。
小川小学校の6年生は、住用町児童と一緒に長野市のエムウェーブでスケートを楽しんだり、スキーに行って交流します。

農業体験授業

田植え

田植え

小川小学校では、地元の農家のご協力を受け、なまざまな農業体験を行っています。
特に5年生は、イネの種まき、田んぼの代かき(しろかき)、田植え、稲穂が実り始めるころには、学校でつくった「かかし」立て、そして9月には稲刈り、脱穀(だっこく)を行います。
田植えは全校生徒が参加し、どろんこになりながら農業体験しています。
お米をつくる苦労を味わうための授業として行っています。

稲刈り

稲刈り

春に田植えをした5年生は田んぼにて、稲刈りを行います。
今年は、イネわらをつかってしめ縄作りもしました。
3年生は、近くの畑で枝豆採り。
収穫(しゅうかく)した枝豆は、給食にてみんなで食べます。

スキー教室

スキー教室

スキー教室は、毎年1月~2月にかけて4,5回行います。
冬の自然に親しみながら体力をつけるとともに、友だちと助け合い、励まし合って学習する等のねらいで、スキー教室を行っています。
スキー場は、サンアルピナ鹿島槍スキー場。小学校からバスで30分ぐらいの場所にあります。
雪を見ると子ども達は大騒ぎです。

裏山ランド

裏山ランド 裏山ランド

裏山ランドは、小学校プールの上の雑木林(ぞうきばやし)にあり、多くの方々の協力を得て、昭和56年10月に完成しました。
裏山ランド入口の看板をくぐり、右に曲がると木漏れ日もない「恐怖の谷」の標識がある。勾配(こうばい)60度のガケがあったり、30mの太いロープがあったり、「五ツ木」、「象の木」、「原始人の家」などを回ると子ども達でも15分はかかる。
このランドの着想は全部子ども達が考えて工夫したものです。
小川小学校では、2時限目と3時限目の休憩を長く取り、一周してくることもしています。

地産地消の給食

地産地消の給食

小川小学校の給食は、小川村で採れた食材を使用しています。
野菜類は、ほとんど小川村産です。
小川村の人たちが主食として食べている「おやき」も給食として出ます。

このページのTOPへ